さおりんブログ

日々感じたことを書く、雑記ブログです。

おいしい実験パート2!フライパンで炊き込みご飯♬

f:id:suika-tabetai:20181028023923j:plain

やっほぉ〜お前さん。

じいさん、この間おいしい実験について書いたけど、今日は別の実験について書いていくぞ〜!!

 

 この前の記事とか知らんって人は、これ読んでみておくれ〜♬

suikablog.hatenablog.com

 

フライパンで炊き込みご飯

 

じいさん、炊き込みご飯とか味ご飯が好きなんじゃが、炊飯器で炊いたら

掃除がタイヘンじゃから、ずっとガマンしてたんじゃ。

 

悲しい過去

 

なにせ、過去に炊飯器で豚の角煮チャレンジしまくって、掃除が上手く行かず、炊飯器にさよならせないかんかったんじゃ。シクシク。

 

しかも、豚の角煮はかなり苦戦した。

 

てか、思うように美味しくできたのが極端に少ない回数じゃったから、

 

もう一生作らんと決めたぞ!!笑

豚の角煮は、外食で食べるものと化したわぁ〜〜!!!

 

チャレンジのたびに炊飯器キレイに洗って拭き上げて掃除してるつもりなのに、臭いがついて取れなかったりして。

 

最終的には、白米を炊いてもなんか油臭くなってしもうたんじゃ!!まさに悲劇!!

 

そんなじいさんの絶望的な心境をうたってみたぞ。

 

まいったぞ 豚の角煮の ムズカシさ

肉煮込むほど 固くなりけり

 

掃除さえ こなせぬ始末 情けなや

 

結局、その炊飯器とはあえなくお別れしたんじゃ〜(泣)

 

そして、豚の角煮にチャレンジしてる間、丸腸ちゃんとカピちゃんに何度硬い角煮を食べさせたことか・・・

もうね、罰ゲームじゃな。カワイソ〜笑

 いや、じいさんも、一生懸命食べてたよ。硬い硬い言いながら。笑

 

でな、味ご飯も角煮の二の舞いになりそうで、炊飯器使いたくなかったんじゃ。

しょう油とか 、結構匂いがつく調味料つかうからのぉ。

 

だから、味ご飯食べたくなったら、近所のうどん屋さんとかで味ご飯のおにぎり食べたり、コンビニで味ご飯のおにぎり買ったりしていたんじゃ。

 

でもさ、自分で作れたら嬉しくない?

食べたいときに手軽にパパっと作りた〜い!!

 

そして、心ゆくまで美味しい味ご飯を食べた〜〜い!!

と思ったわけよ。そこで、ググってみると!!

 

じいさん、コーフン!!

 

ほうほう。どうやら、白ご飯をフライパンで炊けるらしい!!

んで、1回フライパンで白ご飯、作ってみたわけよ。

そしたら、めっちゃおいしいじゃあないの!!!

 

これ、これならさ、ぜったい味ご飯もいけるじゃろ〜〜!!がはっがははははーーー!!!!

 

ゴリラじいさん、コーフン!!!笑

 

そして、レシピを探し当て、ついに実行したのじゃっ!!

こんなかんじ。

 

【材料】2合分

 

お米 2合

【出汁】

しょうゆ 大2

みりん  大1

砂糖   大1

酒    大1

水  上の調味料と合わせて400ml

【具材】

鶏肉

ごぼう

きのこ(好きなやつとか、あるやつ)

タケノコの水煮

 

まぁ正直なんでもいいけど、じいさんは

きのこ多めで、タケノコとか入れて秋っぽくしてみたぞ♪

もし作ってみるなら、お前さんのお好みでどうぞ〜

 

じいさん、具材の量とかいちいち考えるのめんどくさかったから

そこは計らずに、テキトーに作ったぞ。

 

はいっ!!ここでのポイントは、出汁の量じゃっ!

 

調味料とお水を合わせて400mlじゃから、お前さんが

もし作る気なら、ここ間違わんようにしてくれ〜!

 

でな、お米に給水させる時間じゃが、30分とか1時間とかやってみて、

好きなお米の硬さを調節しておくれ〜!!

 

火加減とかもそうじゃが、ここらへんで、

えぇ〜!?ちゃんと説明してくれなきゃ、失敗したベチャベチャの味ご飯とか

逆に、硬いゴチの味ご飯とか食べたくなぁ〜〜い!!」てなお前さんには、

 

やってみんとわからんってことを先に書いておくぞぇ〜〜!笑

 

お前さんのキッチンの火力(電力?)と、じいさん家のでは違うじゃろうから

テキトーに感覚でやってみておくれ。

 

それで失敗しても、じいさんのせいにするでないぞぉ〜〜!!がはは

 

人のせいにする事は 弱いやつの する事じゃ 

 

くぅ〜〜!じいさん、カッコイィーー!!✨

 

一応上に載せてる記事に、じいさんのキッチン事情(IHだとか)を書いてるから、参考にしてみておくれ〜♬

 

実験と結果!

いざ、炊いてみた〜!

まぁ一応、じいさんの場合を書いておくとこんなかんじじゃ。

 

全部で3回実験してるんじゃが、全部 出汁→米→具材の順にフライパンに投入

 

基本、フタして炊いたぞ。 

 

変えたのは、給水の時間と加熱の時間!

(※以下の数字は、火力と加熱時間な。)

 

実験1回目

お米の給水 30分

  

あとね、我が家では少し甘めの味付けが好きじゃから、レシピより砂糖をほんの少し多めに投入したぞ。

さて、これが吉と出るか、凶と出るか。。

 

蓋をして〜

6で沸騰→2で7分

 

ここで確認すると、トラブル発生〜〜!!!

なんと、明らかにお米に火が通ってない(ゴチ)のに、出汁がなくなりつつある!!!

 

ぬわぁにぃい〜!!??ぐおぉお〜〜!??ヒィ〜〜!!

 

我が家のフライパン、蓋しても蒸気が異常に吹き出してるの

気になっとったけども、まさかここまで干上がっているとは思いもよらなんだ!!

 

じいさん、めっちゃ焦る!!笑

こりゃヤバイと思い、急いでお水をテキトーに足し(40mlくらい?笑)

 

蓋が蓋の役割を果たしてないみたいじゃったから、アルミホイルで落し蓋を作り蓋を2段構えにしてみたぞ!

この状態で火力を4にして15分ほどじっくり加熱することに。

 

時々出汁の量と焦げてないか、お米に火が通ってるかを確認するため、

いちいち蓋を開けまくり、最後は時間なんか計らずに

 

いい具合になるまでつきっきりで混ぜながら様子を見守る〜〜!

 

このレシピ、フライパンでできて、1回火加減がわかれば次回からほったらかしでできると期待していただけに、

 

今回はしっかり時間を記録しなかったから残念ではあった。

 

・・・え?なんで時間記録しなかったのかって?それ、実験の意味ないやんって??

 

お前さぁ〜〜ん!!

口で言うのはカンタンじゃがなぁ

じいさん、ほんと、焦ったのよぉ〜〜!

 

まぁ、苦闘の末、アルミホイルの落し蓋が効果を発揮し、無事におこげまでできましたとさ。

さて、お味は・・・・!?? ドキドキ ごきゅっ・・・(・・;)

 

1回目の結果

途中はゴチになりかけてビビったけど、結果オーライじゃったわい!!

少しベチャッとしたが、おこげも美味しい!!

 

全体的に柔らかく炊き上がりましたとさ〜〜♬

 

ちょっと砂糖足した分甘すぎた(残念!)けど、なかなか悪くない!

むしろ、じいさんの臨機応変さが際立った瞬間じゃった!

 

勝因はやはり、アルミホイルの落し蓋サマサマよぉ〜〜〜〜!!

 

初めてのフライパンで味ご飯!(改良の余地はあるが)成功じゃーーーっ!!

がははは!!うまいうまいーーー!!!

 

2人にも褒められたぞっ!!いぇーい、ピース!!

じいさん、ここでやる気に火がつく〜〜笑

 

翌日のお昼用におにぎりを確保して〜。

3人で残りをあっという間に完食し、3日後に2回目の実験を実行したぞ。

 

実験2回目

お米の給水 60分

出汁→米→具材の順にフライパンに投入

 

今回は調味料も、素直にレシピ通りにしたぞ!笑

 

今回は前回の実験から学び、最初からアルミホイルの落し蓋して炊いたぞ。 

 

さらに、ゴチにならんように給水を60分にしてみたぞ♬

そして、強火で短時間で炊けるか、実験してみた!(前回焦げたけど、懲りずに時間見ながらやってみたぞ〜笑)

 

てか、前回は恐る恐るじゃったが、今回のはレシピにより忠実にやってみたんじゃ。

ただ、火加減が強火とか中火とか弱火とかしか書いてないから、わからんかった。

 

まぁ、家庭によってキッチンの環境が違うから、これが当たり前なんじゃが、結局ここは感覚で。笑

 

5で沸騰させ→6で5分のつもりが4分ちょいで焦げ臭?がしたから

(ほったらかしでやってみたかったが、この時点で確認のため蓋を開けてしもうた!笑)

 

慌てて2まで下げ、蓋をして1分加熱〜笑

ここから、蓋を開けずに12分蒸らしたぞ!(ガマン、ガマン♬)

 

さぁて、どうなったかのぉ。。。ワックワク〜〜♬

じいさん、おこげが大焦げになってないことを祈るーー!!笑

 

2回目の結果

 

お、おこげがいい具合にできてて、美味しそう〜〜!!

さっそくお椀についで(方言丸出し〜笑よそってってことじゃ。)

 

いっただっきまーーーす!!!!

 

・・・うん、鶏肉が地鶏のごとく硬いけど、

ご飯もしっかり炊けてるし、1回目よりも美味しい!!

 

お米の食感もしっかりしてるし、出汁の味も(余計に砂糖入れなかった分)こっちのが好み〜!

 

次の日のお昼用におにぎりを先に確保しておいて〜笑

 

残りはまたまたぺろりと完食しましたとさ♬

いやぁ、ほんとに、ウマいぞぉ〜〜!ぐふふふ〜〜!

 

実験、楽しいなぁ。楽しいだけでなく、美味しい!!!

なんとスバラシイことかな。うん、大満足じゃ!!

 

2人にも好評じゃったが、丸腸ちゃんは鶏肉柔らかい方が好みじゃと。ふむふむ。

 

じいさん、逆に地鶏っぽくて美味しいし、別に気にならんかったけどね。

やはり、人の好みはそれぞれじゃなぁ。

 

では、次は鶏肉を柔らかく炊いてみようってことで、この2日後に3回目の実験へ挑む〜〜!!

 

実験3回目

 

2回目の実験では、沸騰させたあとも強火で加熱したから、一気に鶏肉が固くなってしまったんじゃろうと考察。

 

そこで、急いで強火で炊くことはないと、始めから弱火でじっくりめに加熱することにしたぞ。

給水時間も調整して、こんなかんじで炊いてみた〜〜!

 

お米の給水 40分

 

【加熱の予定】5で沸騰→3で10分→2で15分→5分蒸らす

 

2で15分までやったところで、様子を確認すると、お米はだいたいいい感じに火が通っておったが、水分が残っておった。

 

そこで、5分蒸らすのは中止して、全体的に混ぜ混ぜして、水分を飛ばしてみたぞ!

これがなかなか、いい感じじゃっ!!

 

3回目の結果

蒸らしの時間は最後までとらず、そのままお茶碗へ〜〜!!

いただきまぁ〜〜〜す!!

 

ふむ。ふむふむ。鶏肉は柔らかく、丸腸ちゃん、ご満悦の様子。

良かったのぉ、あっぱれじゃっ!!

 

じゃが、わしはやはり実験2の味ご飯の方が好み。

カピちゃんは、毎回違うが、それぞれウマイと喜んでおったわい〜♬

 

んで、なんか知らんけど、前回よりも薄味になった気が・・・?ナゾじゃっ。笑

 

でも、やっぱり炊きたてはめっちゃくちゃ美味しいーー!!

お母さんもお家に来てたから、おにぎりにしてお土産にしてあげたぞ。

 

じいさんがこんなの作るなんて、すごいね〜〜!って褒めてくれたぞ♬

そうやろ〜〜!?えっへん!!と嬉しくなったじいさんじゃった〜笑

 

あぁ楽しい。これじゃから美味しい実験はやめられない〜〜♬

 

さらなる工夫

 

3回の実験をしてみて、もうちょっと工夫できないかと考えるじいさん

 

つまりね、ほったらかしでもっとカンタンに、美味しくできないものかのぉ。

お前さん、じいさん、もっとラクに作りた〜い!!

 

だって、実験は楽しいけど、ほったらかしには程遠いんじゃも〜ん。

毎回火力やらお米の火の通り具合やら確認して、手間かかりよるわい。

 

そこで、なんとか手抜きできないかと知恵を絞るじいさん!!

 

はっ!!!と閃いたわけじゃ。

 

わざわざ炊き込みしなくても、白ご飯を炊飯器で炊いて、フライパンで出汁と具材のみを作って、混ぜればよくない??

 

炊飯器の良いところは、保温ができることであ〜〜る!

つまり、一度炊いておけば、いつでもホカホカのご飯を食べることができるんじゃ!!

 

そして、フライパンの良いところは、思い立った時に好きに加熱できることであ〜〜る!まぁ、当たり前っちゃ当たり前〜〜笑

 

炊飯器とフライパンのいいとこ取りができれば・・ウヒヒヒ!

なぁ〜。それで、絶対美味しい味ご飯ができると思うんじゃが!!

 

て〜ことで、次なる実験は、フライパンで味ご飯風 混ぜご飯!!

 

これで行ってみようと思っておるぞ〜〜ぐふふふぃふぃふぃ〜〜

考えてるだけで楽しい〜〜!おいしいの、できるかな?

 

また実験やってみて、結果がでたらカキカキするから、楽しみにしてておくれ〜〜♬

こうして、自己満じいさんの美味しい実験は、続くのであった〜〜!

 

 

 

では、ばあい。